自分でやるムダ毛の処理はカミソリが一般的です。しかし、カミソリは、角質を深く削り取ってしまい、皮膚を傷つけてしまいます。
しかも、ムダ毛の断面が真っ直ぐに切られているので、毛深くなってしまったように感じます。
生えて来たムダ毛が鋭くちくちく痛いのもデメリットです。

脱毛の基本情報

自分でムダ毛を処理する自己処理のデメリット

更新日:

ひげそり

\ムダ毛の処理は肌トラブルを引き起こしやすい?/

女性に限らず、男性でもムダ毛の多さに悩んでいらっしゃる方は少なくないでしょう。

ムダ毛の処理をすることで、体臭を抑えることも出来ますし、見た目もスッキリして清潔感が出てくるものです。

ムダ毛の処理というと、多くの方がカミソリや毛抜きなどを使った自己処理を行っています。

非常に手軽に行えるメリットがある反面、自己処理にはトラブルがつきもの。しっかりと正しいケアを行わなければ、肌を傷める原因にもなりかねません。

 カミソリのメリットとデメリット

ムダ毛の処理で最も多く使われているのがカミソリでしょう。

特に髭剃りに利用している方が多く、非常に簡単に使える上に、コストもかからないというのが最大のメリットと言えるでしょう。

しかし、うっかり手を滑らせて皮膚を切ってしまったり、カミソリ負けを起こしてしまったりと、肌トラブルが起こりやすいというデメリットもつきものなのです。

しかもカミソリで処理した場合、剃り跡が鋭利になってチクチクしてきますし、処理した後すぐに伸びてくるため、頻繁に処理をしなければなりません。

例えば毛の伸びるペースが早い方の場合、朝剃った髭が夕方にはまた生えてくるということはよくありますよね。

肌が乾燥しやすくなるため、痒みや炎症も起こりやすくなります。

特に肌が弱い場合、カミソリを使う処理はその後のケアを徹底しておかなければなりません。

ワックスを使用するメリットとデメリット

ムダ毛処理用のワックスには、ベリッと引き剥がして脱毛するタイプと、肌表面にでている毛を柔らかくして除毛するタイプがあります。

前者の場合、処理した後しばらくは自己処理が不要になり、仕上がりもきれいになるというメリットがある反面、痛みが生じるというデメリットが存在します。

この痛みに耐えられるかどうかは、まさに人次第!人によっては殆ど痛みを感じない場合もありますが、強い痛みを感じて断念する方も少なくありません。

脱毛後は毛穴が開いているため雑菌が侵入しやすく、毛のう炎などを引き起こすケースもあります。

また、知っておかなければならない肌トラブルの一つに埋没毛が挙げられます。

その名の通り、皮膚の下に毛が埋もれてしまう症状のことで、場所によっては目立つこともあります。

この埋没毛、一度出来てしまったら治すのが非常に面倒くさいので、注意が必要です。

除毛タイプは脱毛タイプに比べ、毛が生えてくるペースが早いというデメリットがあります。

男性の場合、処理をした後またすぐ生えてくる方も多く、頻繁に使用するにはコストが掛かりすぎるケースも少なくありません。

また、肌が弱い方は薬品負けをすることもありますのであらかじめパッチテストなどを行っておく必要があります。

 毛抜きを使うメリットとデメリット

カミソリと同じくらいメジャーなムダ毛処理アイテムと言えば毛抜きです。

毛を根本から抜くため、一度処理したらしばらく生えてきません。

しかし、非常に時間がかかる上に、場所次第では強い痛みを伴うことがあります。

もちろん、毛抜きも脱毛ワックス同様、毛穴が広がりやすくなるため毛のう炎や埋没毛を引き起こしやすくなります。

髭の剃り残しや、ちょっとした部分を処理する分には毛抜きは非常に手軽で確実な方法ですが、足や腕といった広範囲の処理を行うためには、かなりの時間と集中力を要するためあまりオススメできません。

 実は起こりやすい色素沈着や瘢痕

ムダ毛の自己処理で起こりやすい肌トラブルとして、色素沈着が挙げられます。

色素沈着は自己処理を繰り返した所に起こりやすい症状で、主な原因は皮膚への外部刺激、摩擦などです。

特にワキ部分は衣服との摩擦が多いため、症状が現れやすい箇所です。

また自己処理で肌が乾燥すると痒みが出やすくなりますが、その際皮膚を掻きむしってしまった場合も同様、色素沈着が起こることがあります。

色素沈着は場合によっては広範囲に現れることもあり、場所によっては目立ってしまうこともあります。

また、一度出来てしまったら、元の肌に戻るためにはそれなりの時間がかかるので非常に厄介な症状なのです。

色素沈着は、『とにかく引き起こさないようにする!』、これに尽きます。

瘢痕というのは、主に外傷が治癒した時に肌に残る傷跡のことです。

特にカミソリの剃り傷や、毛のう炎の治癒後に現れやすい症状で、酷い場合には一生残ってしまうこともあります。

瘢痕が出来ないようにするためには、うっかり肌が傷ついた際、出来るだけ早く適切な処置をしてあげることです。

外傷用の塗り薬などで早めに治療をするよう心がけましょう。

色素沈着や瘢痕といった症状は、ムダ毛の自己処理で比較的起こりやすい症状ですので、是非頭に入れておきましょう!

自己処理よりはプロの手で

ムダ毛の自己処理は非常に面倒で、肌トラブルも起きやすくなるものです。

長く続けていくとどうしてもコストがかかりますし、時間や手間もそれなりに必要になってきます。

そこでおすすめなのが、脱毛サロンや皮膚科などで行われている脱毛です。

既に海外等では当たり前になりつつあるメンズ脱毛ですが、近年日本でも注目され始め、施術を受ける方も増えてきています。

男性専用のサロンも増えてきており、料金も以前に比べると格段にリーズナブルになってきました。

専門家による施術になりますので、当然スキルも高く、きれいに脱毛することが出来ますし、自己処理に比べ肌トラブルも起きにくいというメリットがあります。

最大のメリットは、施術完了後は自己処理が殆ど不要になるという点でしょう。

今後の処理の煩わしさから解放されるので、ムダ毛でお悩みの方は、専門サロンの利用も視野にいれてみてはいかがでしょうか。

-脱毛の基本情報

Copyright© 【東京】メンズ脱毛が安い|渋谷・新宿・池袋・銀座にある脱毛クリニックおすすめランキング , 2018 All Rights Reserved.